南果歩/朗読CD 『初夜・春の海へ』


人間の心の深淵と悲哀を描いた林真理子の2短編を、南果歩が朗読。
明日、40歳を過ぎた未婚の娘が子宮の手術を受ける。その父親の、前夜の逡巡を描いた『初夜』。
主婦となってからの「初めての恋」の甘さと現実の物語、『春の海へ』。
心の葛藤を映し出した2編を女優・南果歩が朗読。オリジナルBGMと効果音が物語の世界を盛り上げます。

【あらすじ】

”自分の娘が、嫁けぬ女だと考えたことは一度もなかった ー”

現実には、結婚せぬまま42歳を迎えようとし、父親の純男と二人暮らしをしている娘、恭子。 おそらく処女であるに違いない。癌で死んだ母の末期の世話をした毎日が幸せだったという娘からの「へんな出血があるの」という告白に、純男はほの暗い予感を感じたのだった…

(『初夜』)

 

● 2枚組CD (ライナーノーツ付)/ 88分
● 原作:林真理子/朗読:南果歩
                     
ご購入前に必ずお読みください
※お支払は[クレジットカード]、[銀行振込]、[コンビニ決済]と[代金引換]をご選択いただけます。
※代金引換ではクレジットカードはご利用になれません。
※e-Spirit Booksにて「商品購入」を完了した際に、確認メールが配信されます。ご注文完了メールを受け取るために、迷惑メール拒否設定をしている方は解除をお願いします。>>
個人情報の取り扱いについて
製造元 : e-Spirit Books
価格 : 1,800 円(税抜)
数量